【イディオム英会話】 #2― I'm getting+形容詞

0



    こんちゃー(^0^)/
    ちびっ子番長Kazusaです☆

    今日もフレーズを紹介します。
    普段よく使うフレーズを紹介するので、
    是非実際の会話でも使ってみてください!!


    今日のイディオム

    I'm getting +形容詞
    (~になってきました)




    ポイント

    形容詞な状態になってきた、
    というニュアンスを進行形で表しています。

    会話では過去形でもよく使います。
    「~な状態になってきていた」
    という意味になります。




    練習

    I'm getting cold.
    (寒くなってきました)
    →まだ我慢できるけどもうすぐ我慢できない

    I'm getting hot.
    (熱くなってきました)
    →同上

    I'm getting tired.
    (疲れてきました)
    →同上

    It's getting worse.
    (悪くなってきている)
    →徐々に悪化している

    It's getting dark.
    (暗くなってきている)
    →日が落ちてきている所

    ちょっと長めにトライ!(過去形)
    I was getting sleepy, so I got ready for bed.
    (眠たくなってきていたので、寝る準備をしました)

    It was getting dark, so I went home.
    (暗くなってきていたので、家に帰りました)
    →homeには「to」を使わない所も注目!



    使い所を考える
    完全にその状態にはなっていないけど、
    今なってきている、変化中、という事です。

    もう眠たいのにJamesが電話を切ってくれない、
    「James, I'm getting sleepy」

    寒くなってきたので窓を閉めたい
    「I'm getthing cold. Can I close the window?」

    ちょっとした時にこういう一言を付け足せると、
    より一層会話っぽさがましますよね(*^-^*)
    お試しあれ♪


    動画シリーズの記事一覧



     


    【イディオム英会話】#1 ― I'm good at

    0



      こにゃにゃちは♪
      ちびっこ番長Kazusaです(^0^)

      ブログがおろそかになっているので
      もうちょっとブログを書こうと思います(^-^)

      今日はイディオムを学んで帰ってください♪



      今日のイディオム

      I'm good at+名詞(-ing)
      (〜が得意です。)




      ポイント

      atの後ろには名詞か名詞が来ます。
      名詞が来るという事は、動名詞の「-ing」も
      入れることが出来るという事です。




      動名詞って何?

      動名詞とは、動詞に「ing」がついて
      元の「〜する」から
      「〜する事」という意味に変わった物です。

      <例えば・・・>
      study Enlish
      英語を勉強する
      studying English
      英語を勉強する事

      ingをつける事によって、
      名詞の扱いになります。

      なので、名詞が入るところには
      ほぼほぼどこにでも
      入れる事が出来ます。
      (forの後ろとか!)




      練習

      I'm good at cooking.
      料理が得意です。
      (ingが入っている)

      I'm good at swimming.
      泳ぎが得意です。
      (ingが入っている)

      I'm good at math.
      算数が得意です。 
      (名詞が入っている)


      I was good at any kind of sport, but now I'm too fat!
      (スポーツは何でも得意だったけど、今では太りすぎだ!)




      文化を考える

      英語圏では、自分が出来ることを
      アピールする事はとっても大事です。


      日本人の美徳である謙遜の感覚をそのまま、
      「全然上手くないです」
      「大したことないです」
      「まだまだ下手です」

      と言い続けるのは逆に悪い印象を与えることが多いです。
      英語圏の人たちは自分の不得意な事は口に出しません。
      自分の出来る事、得意なことを
      (それほど得意でなくても)
      「得意なんです!」
      と意気揚々と言い触れます。


      ポジティブ!\(^0^)/

      私たちも英語で話をする時は
      相手の感覚に合わせてポジティブに
      得意な事や好きな事を話しましょう♪

      全然関係ないですが、
      今Jamesのお父さんとお母さんが
      日本に来ています♪




      Realize Youtubeチャンネル




      このエントリーをはてなブックマークに追加
      更新履歴
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
                  
      プロフィール
      Realize Youtubeチャンネル
      英語動画が沢山!
      チャンネル登録してね!


      書き取りノート無料ダウンロード
      無料教材ダウンロード
      書き取りノートの記事を表示します
      各記事からダウンロードしてください


      単語リスト 無料ダウンロード
      単語リスト無料ダウンロード
      単語リストの記事を表示します
      各記事からダウンロードしてください


      3500円マンツーマン英会話
      英会話 神戸

      ランキング参加中!
      ブログランキング にほんブログ村

      最近の記事
      カテゴリー
      recent trackback
      リンク
      サイト内検索
      検索