【トイック対策】 Part1は単語の暗記から♪

0



    こにゃにゃちは〜♪
    ちびっ子番長Kazusaです!!

    今日は宣言通りTOEICの
    ちょっとしたコツや
    勉強方法をご紹介します♪

    今日はPart1について
    お話したいと思います♪

    まず、各パートの前には、
    そのパートの説明アナウンスが流れます。

    説明アナウンス中は
    人によっては問題の先読みをしたり、

    リーディングセクションを
    やり始めていたりする人もいます。

    私の場合、Part1の説明アナウンス中は、
    とにかく精神集中をします。

    各問題に対して1度しか音声が流れないので、
    45分間聴き逃しの無いように
    集中力を持続しなければなりません。

    私にとってはそれが本当に難しいので、
    問題(1)が始まるまでは目をつむって
    集中力を高めます。

    昔、Part1の説明アナウンス中に問題を先読みしたり、
    リーティングセクションを始めてみたりと、
    色々とトライもしました。

    でも結局、問題(1)を聞き逃してしまったり、
    回答場所を間違えてしまったり、
    あれやこれやとやらかす結果となってしまいました(^-^;)

    なので、不器用さんには精神統一をお勧めします(笑)

    さて肝心の問題です。
    Part1は写真に合った説明文を
    A, B, C, Dから選択する問題です。

    Part1はハッキリ言って、単語問題です。
    アナウンスでは写真に写っている
    物や人の単語が沢山出てきます。

    正しい答えは写真を遠回しに説明している事もあります。
    単語の言い換えというのかな?

    例えば、携帯電話のことを、
    device(機器)と言っていたり、

    プリンターのことを
    machine(機械)と言っていたり、

    ナイクやフォークのことを
    utensil(台所用品)と言っていたり、

    間違いではないけど・・・的な、
    遠回しな表現を使うことが多々有ります。

    これらの単語を知っていれば分かるのですが、
    分からない単語が出てくると
    なんとなく避けてしまうのが人の心理。

    リスニングセクションで単語の勉強?!
    と思われるかもしれませんが、
    やっぱり単語は本当に大切です。

    Part1対策には、動詞と名詞の単語を補強するのが
    いいんじゃないかと思います♪

    ネットで「TOEIC リスニング 頻出単語一覧」
    などで出てきた単語リストを覚えてもよし、

    公式問題集があれば、リスニングのスクリプトを読んで、
    知らない単語を片っ端から覚える、というのも有りです♪

    ちなみに私がネットを検索した結果、こんなサイトを見つけました♪
    TOEICの最頻出英単語・熟語

    片っ端からいっちゃってください(笑)

    私が持っている単語帳をコピーしてお渡しすることも出来るので、
    欲しい人は事前にメールなどでお知らせ頂ければ
    レッスン時にご用意しておきます♪

    最近私が教室に居なかったり、レッスンをしている事が多いので
    必ず事前にご連絡くださいね(^-^)



     


    【トイック対策】「TOEIC受けるならこれ知らないとヤバイ!!」イディオム

    0


      このエントリーをはてなブックマークに追加

      こんにちは!
      ちびっ子番長Kazusaで〜す(^0^)/

      ウワァ(>_<)、1ヶ月以上もブログ放置してしまいました(;_;)
      夏はBBQに行ったり、京都の川床へランチに行ったり、
      イベントづくしでした!!

      しかも!!
      ワタクシめとJamesは本格ダイエットにとりかかり、
      週に1回ハイキングへ行ったり、
      仕事終わりにジョギングを始めました♪

      Jamesはこの1ヶ月で
      すでに10キロ以上痩せましたよ(^0^)

      あともう10キロ減らして欲しいです(爆)

      そんな感じでもうすぐ夏も終わり。
      秋になると・・・

      そう!勉強の秋デス!!
      この時期になると何故かヤル気が湧き出る(笑)

      という事で、ワタクシめも、
      サボっていた英語の勉強再開します!!
      本腰入れます!!

      3年前に受けたっきりのTOEICも
      今年こそは受験します!!

      決意の証に、単語帳も買っちゃいました♪
      東急ハンズに売ってたスヌーピーの単語帳♥


      早速TOEIC公式本を開いて、
      記憶が曖昧な単語のカードを作りました♪

      という事で、今回は皆さんにも
      語彙強化を頑張ってもらおうと思います(*^ー^*)

      TOECIの公式本からワタクシめが独自に抜粋した、
      「TOEIC受けるならこれ知らないとヤバイ!!」
      というイディオムをご紹介します。

      単語は皆さん良くお勉強すると思うのですが、
      イディオムも大事です。
      例文ごと覚えちゃってください。

      そして、自分でも例文を考えて作ってくださいね。


      【「TOEIC受けるならこれ知らないとヤバイ!!」イディオム 

      both A and B:AもBも両方
      Both Kazusa and James live in Kobe.
      カズサもJamesもふたりとも神戸に住んでいます。

      in order to:〜するするために
      I'd like to improve my teaching skill in order to make my class more interesting.
      授業をもっと楽しく行えるように、指導力を高めたいです。

      due to:〜のせいで、〜が原因で
      My flight has cancelled due to engine trouble.
      エンジントラブルが原因で私のフライトはキャンセルされました。

      the amount of:〜の量
      The amount of practice affects your English ability.
      練習の量が英語の能力に影響します。

      according to:〜によると
      According to the weather forecast, it will be rainy tomorrow.
      天気予報によると、明日は雨になるそうだ。

      look forward to 〜ing:〜する事を楽しみにする
      I look forward to seeing you again.
      またお会いできる事を楽しみにしています。

      at least:少なくとも、最低でも
      I study Engoish
       at least once a week.
      少なくとも週に1回は英語の勉強をします。

      in addition to:〜に加えて
      I take the French class in adittion to the English class.
      英語の授業に加えて、フランス語の授業も取っています。

      be related to:〜に関連する、関係する
      The cause of cancer is related to smoking.
      癌の原因は喫煙に関係している。

      instead of:〜の代わりに、
      I eat fruits instead of snaks these days. 
      最近はお菓子の代わりにフルーツを食べます。

      be able to:〜できる(=can)
      You will be able to speak English very well if you study hard.
      一生懸命勉強したら、英語を上手に話せるようになりますよ。


      記事が役に立った・楽しかったらクリック応援お願いします(・ω<) テヘペロ
      このエントリーをはてなブックマークに追加
      にほんブログ村 英語ブログへ
      にほんブログ村


      英語 ブログランキングへ
      PVアクセスランキング にほんブログ村


       


      【トイック対策?】結果報告!!☆

      0
        シャキーン!
        ちびっこ番長Kazusaです。

        忘年会シーズンの到来です!!皆様は如何お過ごしでしょうか?
        ちびっ子番長も今月に入って既に3件、年末に忙しくなりそうなお友達と早めの忘年会(?)に参加しました。ちびっ子番長はお酒が大好きなので、忙しいながらも楽しく過ごしております。

        そんなこんなでスケジュールが詰め詰めでなかなかブログをサボりがちになってしまっております(汗)ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイヽ(;´Д`)ノ

        しかぁし!!本日は皆様にご報告があります☆嬉しいご報告です(^-^)
        先月受けたトイックの結果が発表されました♪

        900点を超える事が目標だと宣言しておりましたが、なんとかギリギリ、目標達成する事が出来ました!!\(^-^)/


        本当にギリギリ(^-^;)
        前回の830点から75点アップです。リスニングとリーディングの点差は相変わらず激しいですが、どちらもそれぞれ、リスニングは満点、リーディングは400点以上という目標を達成する事が出来て、言う事無しです♪

        自分なりに何かとトイックを分析し対策を立てて本ブログでもご紹介してきましたが、それらが実際にある一定の効果を出すと言う実験にもなったと思います。良かった良かった(^-^)

        今後はリスニングの満点を維持しつつ、どれだけリーティングセクションの点数を上げられるかにかかっていると思います。やはりまだまだボキャブラリ不足が否めないので、またこつこつ暗記作業に勤しみたいと思います。

        ギリギリではありますが、一応目標達成したと言う事で、次回の受験は暖かくなるまで待とうと思います。寒いので外に出たくありません!!笑

        ということで報告終わり。
        次回はきっと!!英会話講座をお届します!!
        それまで今しばらくお待ち下さいませ・・・(^-^)ノシ

        ☆サボり魔でごめんね☆閉店ガラガラー


        【トイック対策】仕上げのPart7

        0
           シャキーン!
          ちびっこ番長Kazusaです。


          最近は教室の営業が終わってからも残ってTOEICのお勉強に勤しんでいるワタクシめです。皆様如何お過ごしでしょうか。

          夏が過ぎ、気温がだんだんさがるにつれて教室で「トイック」という単語を聞く機会がめっきり減った様な気がするこの頃です。皆様もう夏に受けてしまったのでしょうか??だとしたら、ワタシったら出遅れ・・・(・∀・i)タラー・・・

          でも、いいんだいいんだ。ワタチは11月に受けるんだもん!!(ノω<;)トイック熱が冷めない間にトイックの話をまとめてしちゃう!!☆

          と言う事で今回もTOEIC対策講座です。本日は最終パート、Part7です。どうぞ宜しくお付き合いくださいませ\(^-^)/

          さて、TOEIC最大難関であるPart7です。リーディングの総合力が問われているこのパート。ここで点数を稼げるとかなりの上級者です。

          穴埋め問題だったPart5・Part6とは違い、Part7では問題文と設問が完全に分けられています。そのため問題文のどの辺りに答えを導くキーワードが隠されているのか、見当を付ける事がカギとなります。

          いかに必要な情報をすばやく見つけられるか、文章版ウォーリーを探せと思ってください。(懐かしいw)自分自身で改めて問題を解いてみて、何が難しいのかを客観的に分析してみました。

          <Part7の問題点>
          1.フォントが変
          2.1つの問題文につき設問数が多い
          3.問題文が2個セットになっている
          4.絶対的に時間が足りない

          それでは一つずつ解説してゆきたいと思います。

          1.フォントが変
          さてまず1つめの問題点です。Part7の問題文は、雑誌、新聞、手紙や広告などがモチーフとなっており、フォントもそれに合わせて変化しています。

          普段読み慣れない飾り気のある文字で書かれた英文の、なんと読みにくい事!!Part6までのように、普通にワープロで打たれた様な文字だと問題なく読めるのに、普段見慣れない形だと言うだけでとても読むスピードが遅くなってしまいます。これがまず一つ目の落とし穴です。

          対策としてはとにかく慣れるしかありません・・・この事を念頭に置いて、問題集等を購入する際はPart7の部分は実際の問題文と同じようにフォントが変化している物を購入する様に気を付けて下さいね

          お金を節約したい方は、ネット上にある、自分に合ったレベルの英文をコピーペーストしてワードに貼り付けそこからいろいろなフォントに変えて読む練習をしてもいいでしょう。英字新聞のJapan Timesなどがお勧めかもしれません。


          2.1つの問題文につき設問数が多い
          Part7では、ひとつの問題文につき5個くらい設問が用意されている場合があります。そのため問題文を端から端まで読んでひとつずつ設問を解いていては、2個か3個か解いた所で問題文の内容を忘れてしまい、また読み直さなければならないはめになります。

          Part5・Part6でも声を大にして言ってきましたが、絶対に問題文を全部読もうとしないで下さい。集中力・英文を読む労力&時間・記憶力の無駄遣いに終わります。さらに、必要な情報と不必要な情報をごちゃ混ぜにして読んでしまうと、頭の中で整理しきれず必ず自滅に追い込まれてしまいます。

          Part7のKazusa流進め方はこうです。

          (1)問題文のタイトル的な部分を読む。
          例えば、「”クッキングクラスの時間割変更のお知らせ”等の広告タイトル」「E-mailのタイトル部分」「手紙の最初の1行目」などなど、問題文が一体何なのか、何について書かれてあるのかを示す1文だけを探し出し読みます。

          (2)残りの問題文はすっ飛ばして、ひとつめの設問を読む。
          最初の設問は大体、「この手紙が送られた目的は何ですか?」「このE-mailは誰から送られましたか?」など、問題文の正体が分かっていれば何処を見れば良いのかがすぐに分かる問題がほとんどです。無駄に文章を読まずに必要な情報だけをピックアップしてそそくさと回答しましょう。

          (3)次の設問を読み、問題文から探し出さねばならない情報は何かを把握した上で、文章を読み進める。
          自分が一体どんな情報を探しているのかが分かれば、回答に繋がる文章や単語が出てくるとビビビと反応する事が出来ます。この様にして、必ず必要な情報をを頭に入れてから問題文を読み進めて下さい。関係無さそうな部分は飛ばし飛ばしでさささっと読みましょう。


          <3.問題文が2個セットになっている>
          Part7の後半では、問題文が2つセットになっています。「何かのお知らせのチラシと、その問い合わせメール」や、「スタッフやアルバイト募集のチラシと、その応募用紙」などです。

          何度も言いますが全てを読んでいては埒があきませんので、ここでもやはり設問を先に読む事が重要になってきます。設問を読むだけで、チラシとメールのどちらを読めば良いのかすぐに判別できる事も少なくありません。かならず問題文の正体・設問の内容を頭に入れてから読み始めるという癖を付けて下さい。


          4.絶対的に時間が足りない
          トイック受験者の本当に多くを苦しめるのがこの時間の足りなさです。ビックリしちゃう程に時間が足りません。何故こんなに時間が足りないのか。原因は2つです。「読むのが遅い」「無駄に英文を読んでいる」もうこれしかありません。

          無駄な英文は読まないというのは、リーディングセクションの解説に突入してから耳にたこができるほどお話してきましたので、最後の仕上げは速読の練習方法です。これは私が実際に、というか結果として速読の訓練に繋がった楽しい練習方法です。

          ずばり、英語のテレビや映画を字幕付きで見る!!です。

          日本語では無意識に行っていますが、人が喋るスピードで文字を読むというのは案外難しいものです。慣れないうちは絶対に画面が切り替わるまでに字幕一文も読み切れないと思います。

          最初はリモコンが手放せず、一時停止をしながら読むので必死です。ただこれがだんだん慣れてくると、本当に不思議な事に英語字幕でも喋るペースに合わせて読む事が出来るようになります。

          いきなり海外ドラマや洋画に挑戦すると難易度が高すぎるので、トイック600点以下の人は諦めて下さいwww

          トイック600点以下の皆様は、インターネットでYoutubeに飛んで、「reading fairy tails」を検索して下さい。すると、10分くらいのイソップ物語やグリム童話などの動画が出てきます。英字幕付き、10分くらいでアニメーションもついていて、さらに語彙も調度いいレベルだと思います。まずはここから始めましょう。

          この10分の物語読み聞かせ動画のスピードに問題なくついてこれるようになったら、ここで遂にTSUTAYA100円レンタルの出番です!!DVDを借りて、ネイティブ向けに作られた洋画を字幕付きで見てみましょう。

          最初から内容の濃い物を選ばずに、ここは英語の練習と割り切ってディズニー映画から始めるのがお勧めです。子供向けでわりかしゆっくりで、難しいスラングなども少なめです。

          ワタクシめが学生だった頃にですね、初めてJamesとデートをし始めた時、それも初めて彼のお家にお邪魔した時にですね、ウフフ、英語が上手に話せなかったワタクシめのために彼が用意してくれたのがディズニー映画でした。

          「字幕つけて一緒に見よう♪」と言ってくれて見てみると「字幕て英語かぃ!!」と突っ込みたくなったのは良い思い出です♥ちなみに当時彼が話せた日本語は「アリガトウ」「コンニチハ」「トイレドコ」以上です(笑)

          ぁー!!惚気話してゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

          とにもかくにも、字幕を喋るスピードで読むというのはかなり有効な速読の訓練になります。ディズニー映画で物足りなくなったら現代ラブコメ物がお勧めです

          医療物やファンタジー、ジャンヌダルクなどのヨーロッパ歴史物系は逆にお勧めできません出てくるボキャブラリーがファンタジックで良く解らないからです


          そんなこんなでまとめると、リーディングセクション全体としての練習ポイントはこちら。
          (1)ボキャブラリー
          (2)中学文法
          (3)英文を読まずに回答する練習
          (4)速読の練習

          簡単にまとめちゃいましたが、かなりの重労働ですね!!(>_<)自分で言ってメゲそうです。が!!ワタクシめは負けません!くじけません!諦めません!

          皆様が英語のお勉強にくじけそうになった時にはワタクシめはいつでも教室でお待ちしております。一緒に頑張りましょうね♪

          ☆でもやっぱり優先順位はボキャブラリー☆閉店ガラガラー


          【TOEIC対策】問題文は読まない!!

          0
            シャキーン!
            ちびっこ番長Kazusaです。

            お久しぶりの(ちゃんとした)ブログ更新です\(^-^)/本日は予定しておりましたTOEICの解説を遂に行いたいと思います。
            ワタクシめもテストの申し込みを済ませ、お金も払いましたので、いよいよ本番は来月と迫ってきております。何かと頑張りたいと思います。
            今までTOEICシリーズでは、Part1から順番にPart5まで解説しましたので、本日はPart6ですね。

            リーディングセクションPart6からは長文問題の始まりです。ここからぐっと難易度が上がり、急に難しいような・・・気がします。が、それは気のせいです。勘違いです。

            基本的にPart6はPart5の延長と考えてしまっていいと思います。ただ、問題の前後にだらだらと文章が書かれているので雰囲気に焦ります。なんだか自分がダメな子な様な気がしてきて、パニックになります。
            本日はずばりそんなテンパッた状況を打開するための秘策を伝授しちゃいます。

            ずばり!!【英文は読まない!!ヽ(*´v`*)ノ】です!!

            まぁ、読まないと言うと少し大げさでしょうか( ´艸`)要するに「回答に不必要な物は読まない」「読まないといけない部分を最小限に抑える」「極力読まない」という事です。

            これはPart6のみならずリーディングセクション全体を通して言える事なのですが、トイックの問題は大体次のようなパターンで構成されています。

            ・単語問題ー単語を知らないといくら悩んでもわからない
            ・文法問題ー問題の文法事項から品詞や形を選び回答する
            ・時制問題ー前後の文章から正しい時制(過去・現在・未来)を選択する

            まず単語問題ですが、選択肢がすべてバラバラの単語であれば単語問題です。回答の時点で意味を知らなければ、永遠に答えは出ないのでここは感で答えるしかありません。

            そんな時に無理して文章を読み返してみたり、前後の文章を読んでみた所で無駄なあがきなのです。ここは潔くあきらめてテキトーにすばやく回答すれば、もしかしたらこの先待ち構えているかもしれない他の解る問題を解く時間を確保できるかもしれません。

            戦いに犠牲は付き物だと心得ましょう。そう開き直ってみると、周りの英文は落書きも同然、何故なら読んでも回答が導き出される訳ではないのですから!!ゴミだゴミっ(っ`Д´)っ・:∴

            二つ目は文法問題です。これは空欄の前後にあるキーワードを見つけ、回答を選択する問題です。例えば例えば次の例題を見て下さい。。。
            I will ____ you an e-mail soon.
            (a)sent
            (b)send
            (c)sends
            (d)sending

            この問題は空欄の直前にある助動詞「will」を見つけることによって、文法的判断から答えを導き出す問題です。助動詞の後には動詞の原形が来るので、答えは必然的に(b)sendになる訳です。

            文章全体を読むまでもありません。「あ、will! 選択肢は全て動詞!って事は原形を選ぶ!!」くらいの怒涛の速さで判断が出来ればこちらの物です。その後の文章なんてお構いなしです。読むだけ無駄なのです。

            この様にして不必要な文章を読まなければ、周りにある沢山の英文は落書きも同然(ノ∀`*)ンフフ♪

            三つ目は時制問題です。実はこれが曲者です。時制問題が出てきた場合はそれまでの文脈を確認して、いつの話をしているのかを理解しなければなりません。それでも、無闇に問題文の一番最初から読み始める様な自殺行為は行わないでください!!

            まずは空欄のあるセンテンスを読む。それで解らなければ一つ前の文章を読む。それでも解らなければもうひとつ前の文章を・・・と、文章ごとに区切ってひとつずつ前の文章を読むようにして下さい。その中で回答のキーワードとなる文章が出ればその時点で読むのは終了。その他の文章はOUT OF 眼中という事で視界の隅にすら入れる必要はございません!!

            そんなこんなでまとめてみると、長文問題でも殆どが無駄な・不必要な文章だと言う事がお分かり頂けるのではないでしょうか。TOEICが私たちを脅し混乱させるためにあのような訳の分からない長文で武装を行っているだけなのです。かく乱されてはダメなのです!!

            今回ご紹介した読まないテクは、リーディングセクション全体を通して、特にPart5とPart6ではとっっても重要なテクです。ただやはり大前提として、基本的な文法知識がある・ある程度のボキャブラリーを持っている事が必要条件になってきます。

            次回のTOEIC講座では最後のPart7を解説しますが、それが終わると初心に戻って中学文法を基本からおさらいしたいと思います。TOEICに必要なのは単語力と中学文法なので、そこを一緒に押さえていきましょい
            \(^-^)/

            という事で本日はここまで・・・☆前から言っていたTOEIC解説がひとまず出来たのでホッとしました♪載せる写真がなくてごみんなさーい
            (●ゝェ・)ノ
            ☆次のブログは何書こうかなぁ☆閉店ガラガラー



            【トイック対策】怠け者のための時間稼ぎ術

            0
              シャキーン!
              ちびっこ番長Kazusaです。

              facebookにもちらほらと載せておりますが、最近また少し時間に余裕が出てきたのでTOEICのお勉強をしております。ついに前々から買っておいた新公式本Vol.4を使うことが出来ました。

              時間を計って問題を解いて採点をした後は、絶対にそのまま放置しないで下さい。後日でもいいので、必ず間違った問題の分析をしましょう。なぜ間違ったのか、知らなかった文法事項の整理、そしてやはり語彙の補強は何よりも大切です。

              今日はPart5を時間をかけて分析してみましたが、やはり文法問題はほぼ中学レベルです。ただし使われている単語が高校〜大学レベルなので難しく感じてしまうのかなと言う感想を持ちました。あと1文が長いよね。

              コンマの多用や関係代名詞の使用で説明くさい、長たらしい、読みにくい文章が多いです。しかも関係代名詞は省略されていることが多く、文中に意味の分からない単語が多くあるとそのコンビネーションで文章の軸が見えにくくなるのかなと思います。

              というか、それが出題者の意図なのだろうなと、悪意を感じます。(-`ェ´-怒)

              今回の分析で再確認させられた事はやはり、基本的な文法事項を押さえる事の大切さです。逆に言うと、中学英文法を徹底的に見直せば、文法問題はイタダキという事です。

              次に言うまでも無いですが語彙の増強。これに尽きますね。単語の意味が分からなければ何も始まらないと言っても過言ではありません。語彙量というのは言語を学ぶ全ての人にとっての永遠のテーマでしょう。ひたすら、ただひたすらに覚えるしかありません!!!

              さて、再確認が済んだ所でワタクシめが次に着目した点は、「いかに時間を稼ぐか」です。すでにTOEIC受験を経験済みの方にはお分かり頂けるでしょうが、TOEICは時間との戦いです。何しか時間が足りないのです!!最後の20問は全部BBBBBBBBBとか塗り潰すはめになる方が殆どではないかと思います。

              正攻法で時間を稼ごうとすると速読の練習が良いのでしょうが、一朝一夕では速読術は身につきません。これは日頃の鍛錬・努力を怠らない頑張り屋さん達だけが会得できる奥義です。修行が必要です。

              それを聞いて落胆してしまったそこのお怠け者のアナータ!!!!ぬははははは、安心したまえそんな君達にも簡単な練習で身につく速読法を本日もちゃっかり用意しておきましたとも!!!

              といってもえばり散らす程の事ではないのですが^-^;) 長い文章でこんがらがった文法構造を整理するのにも役立つ小技ですので是非本番で使いこなせるように練習してみてください。

              さて、どんな小技かと言いますとずばりこちら!!【固有名詞をすっ飛ばす】

              固有名詞とはその名の通り、具体的な名前が入った名詞の事です。「Kazusa」「James」「Japan」「Realize」全て固有名詞です。人名・地名・ビル名・会社名・等具体的な名前が付いている物は全て固有名詞です。

              Part5をじっくり観察しながら解いてみてはっきりした事があります。Part5には文中にやたら読み方が分からない固有名詞が沢山出てきますが、それらが回答のキーワードになる事はまずありません!!!

              にもかかわらず、知らない単語が出てくると何とか読もうとしてみたり、知らないのに思い出そうとしてみたり、知らない単語と出くわしただけでパニックに陥ったりと、かなりのトラップが仕掛けられています。

              固有名詞は回答に何の役にも立たない無駄情報なのでこれを上手に読み飛ばす事が出来ればそんなトラップを回避し時間を無駄に費やす事もありません。

              それではまず、どの様にして固有名詞だと判断するのか。ステップ1から順に見てゆきましょう。



              <ステップ1ー固有名詞の判別>
              文章の一番初めの文字は大文字だということは周知の事実ですが、固有名詞の最初の一文字も必ず大文字で始まります。

              Kazusa and James live in Japan.
              (kazusaとJamesは日本に住んでいます)
               
              I stayed at the Happy Smile Inn last night.
              (私は昨夜ハッピースマイル・インに宿泊しました)

              上の例文を見てください。固有名詞は「Kazusa」「James」「Japan」「Happy Smile Inn」となります。キーポイントとなるのは、固有名詞の最初の一文字は、たとえ文中にあっても大文字で表されるという事です。

              言い換えれば、文の途中で大文字が出てくれば絶対に固有名詞だと言う事なので、それだけで固有名詞を判別する事が出来ちゃうのです。どれが固有名詞かが分かれば、どこを読み飛ばせば良いのかこれで分かりましたね。



              <ステップ2−固有名詞の種類分け>
              TOEICの問題文はビジネスライクと言うか、かなり硬い文章なので、私がこのブログに載せているようなフランクな文章はほぼ見当たりません。

              でもだからこそ、いつも出てくるワードという物が多く存在します。こと固有名詞に関しても、「これは固有名詞ですよ〜」という印であるかのような表現が沢山あり、しかもそれが超絶簡単な中学単語だったりするのです。

              固有名詞の判別が出来た次は、一体どんな固有名詞なのかの種類分けをする必要があります。一体何の話をしているのかぼんやりとでも分かっていないと問題を解きようもありませんからね。その時に役に立つのがこの「固有名詞の目印ワード」なのです。

              <人間シリーズ>
              Mr.(男性)  
              →「ミスター誰々さん」
              Ms.(女性)  
              →「ミス誰々さん」
              Dr.(先生/博士)  
              →「ドクター誰々さん」

              <会社シリーズ>
              Company(会社)  
              →「何々株式会社」
              Corporation(会社)  
              →「何々株式会社」
              Inc.(会社)
              →「何々株式会社」

              <場所シリーズ>
              in(どこか) 
              →「in どこそこ」
              at(どこか)
              →「at どこそこ」
              on(どこか)
              →「on どこそこ」
              to(どこか)
              →「to どこそこ」

              <その他具体的な場所シリーズ>
              Museum(美術館) 
              →「何々ミュージアム」
              Laboratory(研究所)
              →「何々ラボラトリー(研究所)」
              Inn(ホテル)
              →「何々イン(ホテル)」 
              Cafe(カフェ)
              →「何々カフェ」
              Web site(ウェブサイト)
              →「何々ウェブサイト」
              Prize(賞)
              →「何々プライズ(賞)」
              Hospital(病院)
              →「何々ホスピタル」
              その他多数・・・

              これらの目印ワードがどの様に出てくるのか・・・いつもの様に例文で確認して下さい。

              Our new team member, Dr.Lafayette Reynolds, was the winner of the Nobel Prize last year. 
              (我々の新しいチームメンバーであるLafayette Reynolds博士は、昨年のノーベル賞受賞者である)

              まず一番最初の例文から順に見てゆきましょうね。文中に「Dr.」という目印ワードがあり、その後すぐに大文字から始まる「Lafayette Reynolds」が続いています。この「Lafayette Reynolds」が固有名詞にあたります。

              直前にある「Dr.」のお陰で、これが人名、しかも博士か医者か何かだという所まで判明しました。今回は例文なので、ワタクシめのお気に入り海外ドラマの役名から読みにくい物を使わせて頂きました。ドラマの中で彼は博士でも医者でも何でもなく、ゲイの霊能力者です(笑)

              そんな事はさておき、実際のテストでは読み方すら分からない、けったいな名前がフルネームで出てきたりなんかしちゃいます。これをいちいち読んでいる間も惜しい!!!

              という事で、この部分を読むときは頭で「ドクター何々」という様に変換しちゃいましょう。「Mr.」「Ms.」の場合は「ミスター何々」「ミス何々」もしくは、「何々さん」でOKです。

              さらにそのまま読み進めると、「Nobel」という1文字目が大文字の単語が出てきました。その単語の直後を見れば「Prize」(賞)という目印ワードがここにも出ています。早速ここでも読み飛ばし術を使って、「何々賞」と読みましょう。

              ↓頭の中ではこんな風に読んで居ます↓
              「Our new team member, ドクター何々 , was the winner of the  何々賞  last year. 」
              これだけで、博士だか医者だかが賞に関する何かをしたということがわかりますね。

              何のこっちゃと思われるかもしれませんが、実際にTOEICの問題集なんかを使いながら、本気で読み方が分からない単語で実践してみるとどれだけ便利かお分かり頂けるはずです!!!


              Pam Swynford De Beaufort Museum has been relocated to Pflugerville, Texas.
              (Pam Swynford De Beaufort美術館はテキサスのPflugervilleに移転しました)

              次に2個目の例文です。文章の最初からなにやら分けの分からない単語で始まっています。だけれどもここで、これらの単語が大文字で始まっている所に着目出来ると、「うむ、これは固有名詞だから分からなくても(・∀・)イイ!!」と言う事が分かります。

              そのまま読み飛ばしてゆくとおや、「Museum」という目印ワードが出てきましたね。ということは文頭のわけのわからない単語の羅列はきっと世界のどこかの美術館名前だ!と言う事がお解り頂けるかと思います。美術館の名前などTOEICの問題には1ミリも関係ありません。ここは完全スルーで「何々美術館」で十分です。

              そのままさらに読み進めると、今度は目印ワード「to」が登場しています。「to」は必ずしも場所を表すとは限りませんが、次に続く単語を確認すると大文字で始まっています。と言うことはやはりこれも固有名詞のひとつだと判断がつくかと思います。

              「Pflugerville, Texas」とありますが、もはや何と読むのかすら分かりません。(ちなみにJamesにも分かりませんでした。アメリカ人の友達のホームタウンなのですが・・・笑)テキサスという部分だけは辛うじて読めます。こんな固有名詞は読む価値もありません「at テキサスのどこか」もしくは「at どこそこ」で十分です。

              ↓頭の中ではこんな風に読んで居ます↓
              「何々 Museum has been relocated to テキサスの何処そこ」
              これだけで、「ある美術館がテキサスの何処かで何かした」ということが分かります。


              All the staff of Sookie Stackhouse Inc. are supposed to be professional.
              ( Sookie Stackhouse 株式会社の全社員はプロフェッショナルであることが求められる)

              さて最後の例文ですが、もう皆様慣れてきましたか?最後の例文はサクッといきましょう。文章の中頃に「Sookie Stackhouse Inc.」という、またもや何と読めばよいのか良く分からない単語が出てきました。

              ただし最後の単語が「Inc.」。これは「モンスターズ・インク」のインクではないですか。つまり会社という意味ですね。それさえ分かれば会社名など全然、これっぽっちも、ミジンコ程も関係ありません。無視です無視。完全スルーでいきましょう。

              ↓頭の中ではこんな風に読んで居ます↓
              「 All the staff of  何々株式会社  are suppose to be professional. 」
              これだけで、会社のスタッフがプロフェッショナルがどうとか言っている所まで判明しちゃいます。

              この様に、固有名詞はさっぱり読み飛ばしてしまっても英文の解読に何の支障もきたしません。TOEICのPart5はリーディングセクションの一番最初のパートですが、それでも問題文ひとつひとつの長さは今日の例文の2倍はあります。

              また、出てくる単語ももっともっと難しい単語ばかりです。そんな時に今日ご紹介した小技を駆使して、読む必要のある単語と無い単語をサクサクっと判別し、いらない単語は読み飛ばすという事を繰り返せば、地味ですが積もり積もってかなりの時間を稼ぐことが出来ます。

              リーディングセクションの道のりはまだまだ続きます。Part6とPart7は最大難関でもありますゆえに、ここでどれだけ時間を稼げるかが鍵となります。「固有名詞はどうでもいい」という事が頭にあると、本番でも躊躇なく読み飛ばす事が出来ると思います。現時点でTOECIの全問を時間内に解き切れない方は、是非この読み飛ばし術を練習してみて下さいね。

              ☆True Bloodのエリックが大好き☆閉店ガラガラー


              【トイック対策はしてない】ただの独り言

              0
                数ヶ月前に購入して箪笥の肥やしになっていたTOEICの公式問題集を本日やっと初使用してみました☆

                リーディングセクションのみを75分の時間を計ってやってみると、8分も余りました。アレレ?本番では足りないくらいだったのになぁ・・・読むのが早くなったのだとポジティブに自分に言い聞かせ(笑)キタ(゚∀゚)コレ

                全て回答し終わると、ワタクシめは絶対に見直しをしません!!!子供のころからテストの答案用紙の見直し程嫌いな事はありませんでした。その分、1問1問が真剣勝負、これKazusa流Σd(ゝ∀・)ィィ!!!

                採点してみると100問中80問正解でした。自分的には満足できる出来には程遠い正解率ですが・・・何しろ2年ぶりという事で間違った事を新しい学びのきっかけだと受け止める事にしますガンバo(`・∀・´)○ダァー!

                今回の目標はOver900点です。前回のリスニングスコア470点を基準として、900点を超えるには最低でもリーディングで430が必要になります。ということは最低でもやはり90問は正解しておきたい所・・・あと10問、なかなか険しい道です。

                普段はあまり文法のお勉強をしないワタクシめですが、堅い英語表現と離れてかなり時間が経ってきましたので、今回は間違えた問題の「回答に繋がる決定的な文法事項」をリストアップしてみようかな。なぜ間違えたのかを把握すれば次回は正答に繋がるでしょう!!

                11月に受験予定ですが、少しずつ着実に準備を進められたらと思います。
                同じく受験予定の皆様、一緒に頑張りましょう\(^-^)/

                ☆なんか独り言みたいになっちゃった☆閉店ガラガラー


                【トイック対策】戦闘準備万端

                0
                  シャキーン!
                  ちびっこ番長Kazusaです。

                  今週から楽しい8月ですね♪皆さんお盆休み等はどの様に過ごされるのでしょうか。どうやら予約状況をみると、教室の方もガラガラになりそうな予感です。。。w

                  ギリギリまで待ってもご予約がスッカラカンな日がもし出来れば、その日は臨時休業という事にしてジェームズを須磨ビーチにでも連れていこうかなとコッソリ一人で計画中です。一緒に行きたい人ー?!ハーイ(^-^)/須磨まで探しに来て下さいwww

                  さて、本日はそろそろトイック対策を進めたいと思います。今日はPart3とPart4をまとめて解説したいと思います。

                  Part3はまたまた太郎さんと花子さんの会話文です。とは言ってもPart2と比べるとかなり難易度が高くなっており、ふたりの会話文は倍程長くなります。Part2では花子さんが設問を、太郎さんが選択肢を言うのでそれを聞き取り答えを選択すると言う問題でした。

                  ところがPart3では完全に太郎と花子の会話しか放送されません。大体は太郎、花子、太郎、花子と会話が2往復したところで放送内容は終了です。そしてその会話に関する設問と選択肢が問題用紙に記載されているので、回答するという内容です。

                  Part2では設問も選択肢も放送されるのでリスニングにのみ集中してればよかったのに、Part3ではリスニングとリーディングを同時進行で行わなければならない為に急に難易度が上がるわけです。

                  Part4では花子か太郎か、どちらかの一人小芝居が始まります。時にはお天気キャスターに、時にはラジオのDJ(?)に、時には友達の留守電にメッセージを入れる一般人に扮し一人小芝居をするのです。なかなかの役者です。

                  ただバリエーションは少ない様で、だいたいは電話メッセージ、広告、天気予報、空港等の案内放送、社内のプレゼンテーション等が放送されます。Part3と同じく設問と選択肢が問題用紙に記載されている上に、放送内容が長いのでとっても難しいです。誰がどう見てもリスニングセクションの最難関です。

                  Part3とPart4の共通した問題点は、「放送内容が長い」「リスニングとリーディングを同時に行わなければならない」という事です。放送内容や設問・選択肢、どれを見てもそこまで難しい英語ではないにも関わらず、この2つの問題点のコンビネーションが難易度を異様なまでに上げてしまっているのです。

                  ただ問題点が同じという事は、同じ対策が通用するという事でもあります。英語自体はそこまで難しくないので、とにかくPart3とPart4ではテスト慣れというか、TOEIC対策が肝心です。コツを掴んで一気に攻略してしまいましょう!

                  リスニングの極意を学ぼう\(^-^)/

                  【その1:先読み必須】
                  先にもご紹介した通り、Part3とPart4はリスニングセクションにも関わらず、リーディングスキルまでをも問われる難関パートです。放送内容を聞いてから設問を読みそこから問題を解いている貴方は、おちゃめなおっとりさんです。

                  本当にトイックでハイスコアを狙いたい方は、心して取りかかって下さい。Part3とPart4は、太郎・花子との戦争です。負けられない戦いなのです。欲しがりません勝つまではの精神でどんな手を使ってでもポイントを獲得してゆきたいのがこのパートです。

                  ここでの作戦はずばり「先読み」です。トイックのリスニング対策で誰もが口にするのがこの「先読み」ですが、実際に試験を受けた人でないとわからない先読みの具体的なポイントやコツがあると思います。今回はそこを重点的に解説しますので是非実践にて、いえ、「実戦」にてご活用ください。

                  <聞くと読むを同時にしない>
                  先読みのポイントは、放送が始まる前に問題用紙に目を通すという事です。各パートの最初にそれぞれのパートについての解説放送が入るので、その間にそのパートの一番最初の設問や選択肢を先に読んでおいて下さい。解説放送の内容は問題用紙にも記載されています。

                  ここで大切なのは、放送内容の一番最後の文が聞こえたら直ちに先読みを中止して頭をリスニングモードに切り替えるのです。実際の問題内容の放送中に、ちょろっと問題用紙を読みたくなってしまう気持ちはわかります。わかります、が!! それをやってしまうとリスニングとリーディングのどちらにも集中できずに、どっちづかずで結局どちらも出来ないという最悪の結末が貴方を待ち受けています。

                  リーディングしている間は全集中力をリーディングに、リスニングが始まれば今度は全集中力をリスニングに。これが先読みの基本ルールです。どちらも同時にしようなんて貴方、自分の力を過信しすぎです!! リスニングを始めたらもうリーディングはしない、諦めの心が肝心です。

                  <選択肢よりも設問重視>
                  ひとつの放送に設問が3つ、それぞれの設問に選択肢が4つずつ用意されています。全てを読もうとすると、15個もの文章を短時間に読んで頭に叩き込むことになります。これを完璧に出来れば本当は理想的なのですが、とにかくあまり時間が無い&リスニング中にも先読みした内容を記憶しておかなければならない事を考えると、少し無理のある量です。特に速読に慣れていない方は要注意です。

                  全てを無理に読んで無理に覚えようとせず、読む内容・記憶する内容を設問だけに絞ると効果的です。それでも短時間に3つの設問内容を頭に叩き込まなければなりませんが、15個と比べるとまだ楽です。

                  選択肢は大切じゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、4つある選択肢の内3つは正解に関係の無い間違いの選択肢です。そんな物読んでも無駄ナンジャーイヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

                  <放送内容を予測する>
                  3つの設問を必死で頭に叩き込んだら、「ふっ」と我に返ってみてください。大体の場合がその設問内容で次に放送される内容が予測できるのです。例えば、Part3で、「その男性の購入内容にあった問題は何ですか?」とあれば、クレーム電話か何かかなと予測出来ます。

                  Part4で、「ワシントンの月曜日の天気は何ですか?」等という設問が入っていれば超ラッキー!放送内容は間違いなく天気予報です。このように設問から放送内容を予測出来れば心の余裕にも繋がりますし、リスニングに出てくるであろう単語も大体絞り込む事が出来ます。

                  何の話をしているのかわからない状態でのリスニングとわかった状態でのリスニングとでは理解度に雲泥の差が出ます。この事からも、先読みは設問を確実に押さえる事が大切だとわかって頂けると思います。

                  <沢山先読みしない>
                  リスニングの放送途中でも3問分の答えが出た時点でその問題の放送を聞くのはストップして下さい。余らした時間で次の問題を先読みします。基本的にはリスニングセクションはこの繰り返しです。順調に進めば設問を3つ読むのに必要以上の時間が出来る事もあるかもしれません。そんな時でもワタクシめは絶対に2問、3問先の分までは先読みしません。

                  何故かと言うと、沢山先読みしてもどうせリスニングの放送を聞いたり回答したりしている時点で先読みした内容を忘れてしまうからです。Part3とPart4ではあせらず確実に1問1問解いていくのがワタクシめ流なのです。かなりの集中力を要しますが、1点1点の積み重ねが大きな差を生みます。とくに700点台や800点台以上を狙っている方は1問でも多く回答出来る様に、ひとつずつ丁寧に根気で勝負です!!


                  【 その2:お家で準備は周到に 】
                  リスニングセクションは全部で45分間ぶっ続けで行われます。放送は全て1度のみなので聞き逃すと最後です。スピードや放送内容はさほど難しく無いものの、この異様なシチュエーションには苦戦させられます。この前半45分を乗り切るのはやはり事前準備が大きな勝因となります。

                  <本番さながらのシュミレーション>
                  トイックを受験される方は是非、トイック公式問題集を購入してみて下さい。そして付属のCDで本番さながら45分間ぶっ通しで練習してみて下さい。Part3やPart4に辿り着く頃に自分がどれだけ疲れ果てているのか、どれくらい集中力を維持できるかを試してみましょう。

                  TOEICでは時間配分、時間の感覚を体で覚えると凄く有利になります。また上で述べた先読みの練習も本番同様に練習してみて下さい。はっきり言ってここで点数の差が一番出るかもしれません。

                  問題集は他の安い模擬試験本でもいいですが、ワタクシめの経験から言いますと、難易度が実際のテストより難し過ぎたり簡単すぎたり、出題される単語の範囲もその本によってかなりまばらです。公式本が傾向も出題単語もレベルも忠実に再現されていると思うので是非公式本を使ってみて下さいね。

                  以前新公式問題集Vol.4をご紹介しましたが、現在はVol.5が発売されている様です。これから購入される方は是非最新版をどうぞ。


                  <放送内容を把握する>
                  公式問題集であらかたお家で模擬試験をしてみた後に是非試して頂きたい勉強方法です。実はワタクシめも今まで試した事はないですが(ぶw)今年の受験までには必ずしようと思っているお勉強です。

                  公式問題集やお持ちの模擬試験本の一番最後らへんに、リスニングの放送内容のスクリプトが掲載されていると思います。それをノートに書き写すだけです。知らない単語はもちろんその都度覚えて下さいね。わからない文章や文法は是非リアライズに持ち込んでレッスンでまとめて質問して下さい。

                  TOEICの出題内容は大体傾向が決まっており、出題内容や設問、選択肢のパターンを掴んでおくと絶対に!!必ず!!回答への手助けになります。ノートに書き起こす時間や労力が無い方は読むだけでもOKだと思います。出勤途中に単語帳と睨めっこする代わりに、リスニングのスクリプトを読んでみて下さい。問題集のよく解らない解説を読むかわりに、リスニングのスクリプトを読んでみて下さい。

                  その時に是非、日本語訳もきちんと読み込んでおいて下さい。天気予報の場合は大体こんな内容、プレゼンテーションは大体こんな内容、という大まかな内容を把握出来ていれば、本番で万が一聞き逃したり聞き取れなかったりしてもかなりの確率で勘が働きます。本番勘任せ!!\(^-^)/ 

                  運も実力のうちと言いますが、『運は自分で引き寄せる物』だとワタクシめは固く信じております。このような姑息な下準備が後々の成功への掛け橋へとなるのです!!!(偉そうw)適切な単語や傾向を掴むためにも、やはりここは公式問題集を強くお勧め致します。


                  さて、これでひとまずはリスニングセクション全編にわたり解説することが出来たと思います。ここまでの解説でリスニングセクションは太郎と花子との熱いバトルだという事がお解り頂けたかと思います。

                  スピーカーの奥に潜む奴らと徹底抗戦する為には、やはり準備は怠れません。ただ、太郎と花子はかなり手強いのでどれだけ準備をして本番に挑んでも、当日苦戦を強いられる事が予想できます。

                  もし少しでも戸惑ったりつまづいたりしてしまった時はその問題は捨てて潔く諦めて下さい。諦めが肝心です。戦いに犠牲は付き物なのです!!引き際をわきまえられる戦士が最後には勝利を掴むのだと言う事を心に留めておいて下さい。

                  ☆トイック勉強会を開こうかどうか考え中☆閉店ガラガラー



                  【トイック対策】花子さんと太郎さん

                  0
                    シャキーン!
                    ちびっこ番長Kazusaです。

                    梅雨明けが待ち遠し過ぎる今日この頃です。皆様はいかがお過ごしでしょうか。本当に、洗濯をしようと思ったら雨が降り、憎たらしいったらありゃしません。

                    さて、今回はTOEIC対策シリーズです。前回の続きと言う事で今回はリスニングセクションPart2のちょっとしたコツをお届けします。

                    Part2では花子さんと太郎さんの短い会話文で成り立っています。まず花子さんが一言話すので、それに対する正しい答えを太郎さんが3択で迫ってくるという問題です。例えばこんな感じ。。。

                    花子さん「トイレどこ?」
                    太郎さん「A:明日だよ。B:シャワーあびたいな。C:すいません、この建物内にはありません。」

                    この問題ももちろん適当問題ですが、太郎さんは大体ひっかけ問題をよく出題してきます。Aの「明日だよ」は、花子さんの「Where is the bathroom?」という質問の、「Where」が「When」と聞き間違えてしまう場合選択しがちな回答です。Bは、「Bathroom」と聞いた時にお風呂の方のバスルームを連想してしまった時に選択しがちな回答です。そしてCが正しい選択肢となりますが、花子さんの発言からはなかなか発想しにくいひねくれた回答になっています。トイレのない建物ってどんなだよ。もう一度言いますがこれは適当問題です。ですが、実際のテストも大体こんな感じの引っかけ問題が出題されますので、皆さん太郎さんの思惑通りに騙されない様に気をつけましょう。

                    Part2で大切なポイントは3つあります。


                    その1.最初の3語に全集中力投入
                    まずは花子さんの放送を聞いた上で太郎さんの出す3択から答えを選択するわけですが、花子さんの発言内容を理解しない事には答えようがありません。5W1Hの疑問詞を使っているのか?「Do you〜?」の形の疑問文なのか?「Is/Are 〜?」の形の疑問文なのか?それとも花子さんの発言は質問ではないのか?これらを判別するには、最初の3語が絶対に聞き逃せません。

                    特に、「When、Where、Who、What、Why、how」の疑問詞を絶対に聞き逃さない様にして下さい。この5W1Hの疑問詞が来たら、答えは絶対に「Yes,」や「No,」にはならないので、自動的にそれらを選択肢から消去する事ができます。3択の中から1つ消去できると、残りの選択肢は2つです。適当にマークしても、正解の確率は2分の1です。勝率は五分五分なのです!!!全力で5W1Hを聞きとりにかかって下さい。


                    その2.付加疑問文・否定疑問文はカタコト英語で
                    付加疑問文や否定疑問文はなんだかとってもややこしい気がしますが、落ち着いて考えるととってもシンプルなんです。下の文をよく見て下さい。

                    Is he Canadian? - Yes, he is.
                    Isn't he Canadian? - Yes, he is.
                    He is Canadian, isn't he? - Yes, he is.
                    He isn't Canadian, is he? - Yes, he is.

                    彼とはもちろん皆さんお察しの通りですが、どんな質問の仕方をした所でJamesがカナダ人だという事実は変わりようが有りません。答えはどれも、Yes, he is(Canadian).という事になります。

                    付加疑問文や否定疑問文が出てきた時の攻略法は、すかさず全てカタコト英語に脳内変換してみる事です。するといとも簡単に答えが出てきます。

                    「Is he Canadian?」は難し過ぎるのでカタコトに変換
                       →「He, Canadian?」=Yes, he is.

                    「Isn't he Canadian?」は難し過ぎるのでカタコトに変換
                       → 「He, Canadian?」=Yes, he is.

                    「He is Canadian, isn't he?」は難し過ぎるのでカタコトに変換
                       → 「He, Canadian?」=Yes, he is.

                    「He isn't Canadian, is he?」は難し過ぎるのでカタコトに変換
                       → 「He, Canadian?」=Yes, he is.

                    ね、簡単でしょ(^-^)bとにかく質問内容は「彼はカナダ人なのかどうか」なので、その答えは「はい、彼はそうです」か「いいえ、彼は違います」の2択しかないのです。

                    トイックではとにかく時間が足りなさ過ぎるので、とにかく付加疑問文がどうとか、否定疑問文だからどうとか、そういう難しい事は宇宙の彼方までポイッ(ノ゚∇゚)ノ⌒☆そして解答用紙へそそくさとマークして次の問題への心準備をして下さいね。


                    最後のポイントに進む前に、ここでまた少し横道にそれますが、英語でのYes/Noの答え方についてどうかお話させて下さい。お願いします。お願いします。お願いします。

                    付加疑問文や否定疑問文で混乱してしまいがちな理由は、Yes/Noの答え方が日本語と英語で真逆になってしまうからなのです。とっても解りにくいですが、少しでも解りやすい様に日本語で一度考えてみて下さい。

                    【心を無にして読んでみて下さい】
                    質問事項
                    「He isn't Canadian, is he?」
                    (彼はカナダ人じゃないですよね?)

                    日本語で答える場合
                    「いいえ、彼はカナダ人ですよ」
                    英語で答える場合
                    「Yes, he is (Canadian).」(はい、彼はカナダ人ですよ)

                    「いいえ」と「はい」の部分が、日本語と英語で真逆になっていますね。日本語では「No, that's not right. He is Canadian」と相手の発言内容全体に対して「Yes/No」と答えているのに比べ、英語では動詞「is」に対してのみ「Yes/No」と答えています。

                    英語では絶対に「No, he is Canadian」や「Yes, he isn't Canadian」という文章にはなりません。どの様な質問のされ方をしても「Yes, ○○ is.」か「No, ○○ is not.」この形を崩す事ができないのです。この違いから、私達日本人はよく「Yes/No」の答え方を間違ってしまうのです。次の会話文を見て下さい。

                    「I wanted to go shopping yesterday, but it was raining so hard.」
                    (昨日お買い物に行きたかったけど、めちゃくちゃ雨が降ってたのよねぇ。)
                    「That's too bad. So you didn't go shopping?」
                    (それは残念だね。じゃあお買い物には行かなかったんだ?)

                    ここで皆さんならどう答えますか??!!日本語での会話なら、「うん、行かなかったよ」と答える所ですが、英語では「うん(Yes)」と「I didn't go」を組み合わせる事が出来ません。

                    ただ、行かなかったものを行ったと言ってしまうと大嘘つきになって閻魔さまに舌を抜かれてしまいます。それはあまりにも痛すぎるので「I didn't go」の部分はそのままキープしておいてください。そして、日本語では 「うん(Yes)」と答える所を英語では「いいえ(No)」と答え方を変えてやって下さい。すると、「No, I didn't.」という完璧な英語での返答が出来るようになります。

                    ・・・・ややこしっ!!

                    そう、とってもややこしいので、トイックではカタコト戦法です。でも普段のレッスンでは是非、このYes/Noの答え方を次回から意識してみて下さい。これで貴方も上級者の道のりへと一歩前進です\(^-^)/

                    さてそれた横道をトイックへと戻します。


                    その3.質問が何だったか忘れない
                    Part2はそれぞれの文章もそこまで長くありませんし、わりかし点数の稼ぎ所だと言えます。すでに600点以上をお持ちの方はなるべく全問正解、700点以上の方は絶対に全問正解しておきたいパートです。

                    ただ、そんなPart2で陥りやすいとっても残念過ぎるありがちな失敗は、「質問が何だったか忘れた(*´∀`)アハハン♪」というシチュエーションです。Part2では絶対に全問正解するゾ!と意気込み、太郎さんの設問内容に意識を集中している間に、「はて、そもそも何について答えるのだったけかな?」というとんでもない記憶喪失に何故か陥ります。

                    特にTOEICに慣れない間は、英語で質問を聞きとり、日本語でふむふむと理解し、さらに英語で設問内容を聞きとり、また日本語でふむふむと考えているそのプロセスの中で一番最初に放送された内容が吹っ飛んでしまうのです。

                    ワタクシめはこれを「一過性トイック記憶障害」と呼びます。恐ろしい病です。この病の原因や治療法は残念ながら現代医療では未だ解明されていませんが、民間治療法が有効です。ずばり、質問のキーワードを心のなかでつぶやく、たったそれだけです\(^-^)/例えば上の適当問題の場合だとこんな感じです。

                    花子さん「トイレどこ?」
                    太郎さん「(心の声:どこ?)A:明日だよ。(心の声:どこ?)B:シャワーあびたいな。(心の声:どこ?)C:すいません、この建物内にはありません。」

                    花子さんの質問から、場所を聞いているというのだというキーワードをピックアップします。続いて太郎さんが選択肢をひとつひとつ言う間に、そのキーワードを心の中でつぶやきます。すると、Aの選択肢は「どこ?」という質問とは一致しません。Bも違う。そしてやっとCの放送で、「どこ?」「ここにはない」という、質問と答えが一致する選択肢が出てきたではありませんか!!ピローン。質問事項を一言に要約して繰り返すことで、記憶障害を乗り切りましょう。慣れない間は日本語でも可ですが、出来れば英語でつぶやけるとベターですね。


                    以上がPart2攻略の3つのポイントです。リスニング問題では、「英語を聞く、日本語で理解する、また英語を聞く、日本語で考える」という様に、頭の中で言語を切り替えているとスムーズな回答が出来なくなってしまいます。慣れるまでは少し大変ですが、英語で聞いて、英語のまま理解して、英語のまま考える、この流れを習得すると体力と集中力をかなり温存する事が出来ます。それさえ出来ればPart1とPart2は全問正解も夢ではありません♪ 

                    それが出来ない間は、ただひたすら体力・スタミナを付けて、テスト中の2時間を持っている全ての集中力を全力で投入する事によって乗り切る事ができます。気合です。Part2までは質問も問題も英語で放送されるので、質問事項や選択肢を先読みする必要がないので少し楽ですね。その分放送内容に全力で集中しちゃって下さい。


                    ☆でもまずは単語が一番大事☆閉店ガラガラー


                    【トイック対策】お盆は休まずに営業

                    0
                      シャキーン!
                      ちびっこ番長Kazusaです。

                      もう夏だ!と思いきやまだまだ梅雨まっさかりですね。湿度が尋常じゃないです。お気に入りのスニーカーが昨日雨で汚れてしまい、とっても悲しいです。

                      去年はお盆過ぎに、一足遅れたお盆休みとして1週間程臨時休業を頂きましたが、今年は先日お休みを頂いたばかりなので休まず営業します。あ、こう言う事は2回言う主義なんです。

                      今年のお盆は休まず営業\(^-^)/



                      はい、ご清聴ありがとうございました。今年の楽しい夏の予定が何一つ決まらないワタクシめは、とうとう重い腰を上げてTOEICのお勉強に取り掛かり始めました。まずは忘れてしまった単語を全て洗い出そうと思い、大学時代から愛用の単語帳を引っ張り出して、忘れてしまった単語をピックアップしました。

                      まずは第1章まで洗い出しが完了しましたが、とっても興味深い事に気が付きました。全部で30個ちょっとあった、忘れてしまった単語達ですが、これは実は「何回トライしても覚えられない」単語達だと言う事が発覚しました。

                      リストアップされたのは端っこに、赤ペンで丸とかペケとか星印が沢山ついている単語ばかり。学生時代、覚えられずにチェックマークを付けてたんですね。一つの単語に何種類ものマークが付いている所を見れば、何度もトライして結局失敗に終わった事が分かります。

                      これは「忘れた」のではなく「そもそも最初から覚えていない」単語達なんですね。特定の単語だけ覚えられないなんて、面白いですねぇ。私の脳みそどうなってるんだろう(--;;;)

                      以上の分析を踏まえると、TOEICのスコアをあげるためには「この単語はどうしても覚えられない!!」というツワモノの攻略が必須な様です。今回のテスト対策では彼らの様な強敵を何としてでも克服してやりたいです!!

                      ちなみにですが、前回のTOEICのスコアを調べました。TOECIの公式ページのアカウントを作っておけば、いつでもスコアを確認したり、自分のスコアの分析結果を見ることが出来ます。ワタクシめの前回のスコアは、リスニング470点 リーディング360点の合計830点でした。ワタクシめの問題点は一目瞭然、リーディングのスコアが低すぎるということですね( ̄▽ ̄;)!!ガーン


                      ワタクシめが大学生だった頃、先生達から口をすっぱくして「リスニングとリーディングの点差が100点以上になるとヤバイ」と言われていたものです・・・シミジミ

                      ちゃっかり100点以上点差をつけてしまったワタクシめはダメな子です(泣)皆さんも前回のスコアを見直してみてください。リーディングセクションとリスニングセクションに100点以上差がありませんか?もし100点以上差があれば、貴方も立派なダメな子仲間ですヽ( ´¬`)ノ ワ〜イ !!逃げられませんよホッホッホ(怖)

                      ダメな子はダメな子同士!!!!ここは何としてでもリーディングセクションを攻略して目に物を見せてやりましょう!!!(誰に?)

                      さて、負け組みの慰めあいが済んだところで本日のメインテーマの発表です。ジャジャンっ♪今回からTOEICシリーズでは、パートごとに勉強方法やポイントのご提案をしてゆきたいと思います。そんな記念すべき第1回は、リスニングセクションパート1です。TOEICは全体が7つのパートに分けられており、パート1からパート4までがリスニング、パート5からパート7までがリーディングという構成になっています。

                      リスニングセクションは全部で45分間ぶっ続けで放送されるので、かなりの集中力を要します。放送は全編にわたり1度しか流れないので、聞き逃したら最後取り返しがつきません。

                      つい、集中力を切らしてしまった、隣の人がくしゃみをした・咳き込んだ、わからなさ過ぎてうたた寝していた、等の理由で聞き逃してしまう事は多々発生してくるでしょう。この時にパニックに陥ってしまうと次々に流れる放送に対応できなくなり、その後全てのリスニング問題がボロボロになってしまうという恐怖の落とし穴が待ち受けています。精神攻撃です。

                      リスニング問題で一番大事な事は、聞き逃したらその問題は早々に諦めると言う、トカゲ戦法です。トカゲの尻尾切りのように、ダメージを最小限に抑えるため聞き逃してしまった問題や即座に答えられない問題はこの際思い切って捨てちゃって下さい。そう、大胆さが大切です大胆さ!!!!

                      切り捨てた問題には、適当にAかBかCかDか選んでマークシートを塗りつぶせばOK(^-^)bそして余った時間で心を落ち着かせ、次の問題へ備えて下さい。そう、リスニングセクションは精神戦です。前半戦でメンタルをやられるとかなりの痛手なので、そもそも攻撃を受けないという事が何よりも大切なのです。

                      そんな第1戦目のパート1は写真描写問題です。パート1は全体を通して一番簡単なパートと言えるでしょう。点数の稼ぎ所です。パート1は全問正解を狙いましょう。現在の新TOEICでは最初の10問があてられています。旧TOEICでは20問あったのに半分に減らされてしまいました。とても悲しいです。

                      パート1ではそれぞれの問題に写真が1枚用意されていて、英文が4つ放送されます。その4つの中から正しく写真を描写しているものを正解として選ぶという問題です。難易度は低いものの、引っ掛け問題がやたらとうっとおしいのがここの特徴です。

                      例えば、買い物袋を持った老夫婦が1台の車に乗り込もうとしている場面の写真があるとします。選択肢は以下の様になります。
                      (A)車が修理されています
                      (B)沢山の人が買い物をしています
                      (C)二人の人が車を洗っています
                      (D)何人かの人が乗り物に乗り込んでいます

                      答えは(D)になります。
                      (A)の放送ではキーワード「a car」が聞こえてきてさもそれっぽい気がしますが、修理する「repair」という単語が聞こえると選択肢から外れるという事がわかります。

                      (B)の放送ではキーワード「shopping」が聞こえ、老夫婦が持っている買い物とリンクしそれっぽい気がしますがこの単語が動詞と判別できると選択肢から外れるという事がわかります。

                      (C)の放送ではキーワード「two people」と「a car」がダブル攻撃を仕掛けてきますが洗うという意味の「washing」とうい単語を聞き取れると選択肢から外れるとうい事がわかります。

                      (D)の放送ではキーワードらしいキーワードが出てきません。ここが引っ掛け問題ですね。二人のところをわざわざ何人か「some people」と表現し、車を乗り物「a vehicle」と表現しています。乗り込む「get in to」を聞き取ることが出来れば正解に繋がりますね。

                      この問題はワタクシめがたった今適当に考えた適当問題ですが、パート1ではこの様に具体的な単語を使わずにカテゴリー的単語で写真を描写することが多々あります。車は乗り物、フルーツは食べ物、ナイフとフォークは食器、電話は電子機器などです。

                      ですのでカテゴリー的単語を増やすのも一つの対策ですね。騙されずに落ち着いて聞いてくださいね。学生時代から何度も受験していますが、これは本当によく出るパターンです。

                      上の例の問題では理想としては(C)を聞き終えた時点で、消去法的に答えは残りの(D)しかないので最後の放送は聞かずに素早く(D)にマークして次の問題の写真の分析に当たって欲しい所です。

                      それでもどうしても放送を聴きたい場合はペースを崩さないように気をつけて、「もし(D)まで聞いてもわからなければ迷わずに(D)にマークする」と心の準備をしてから問題に当たって下さいね。

                      今回のポイントは、リスニングセクションながら、単語の補強で正解に導くことが出来る攻略法です。考えてみれば当たり前ですが、やっぱり単語を増やせばセクションに関わらず有利になりますし、逆に言えばある程度の単語量を持つという事はそれだけ重要であると言えます。皆して必死でボキャブラリーを増やしましょう\(^-^)/

                      まだ取り掛かってはいませんがこの度のリスニング対策として、放送内容をノートに書き取るという事をしてみようと考えています。TOEICの模試本は是非公式本を購入して下さいね。本の最後にリスニングの放送内容が記載されているはずなので、それを書き取る事で単語の増強と放送内容及び選択肢の傾向を掴みます。さてどこまで頑張れるでしょう。。。笑
                      また何か良い方法が思いついたらご報告致しますね。

                      ☆目指すは900点突破☆閉店ガラガラー



                      このエントリーをはてなブックマークに追加
                      更新履歴
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                                  
                      プロフィール
                      Realize Youtubeチャンネル
                      英語動画が沢山!
                      チャンネル登録してね!


                      書き取りノート無料ダウンロード
                      無料教材ダウンロード
                      書き取りノートの記事を表示します
                      各記事からダウンロードしてください


                      単語リスト 無料ダウンロード
                      単語リスト無料ダウンロード
                      単語リストの記事を表示します
                      各記事からダウンロードしてください


                      3500円マンツーマン英会話
                      英会話 神戸

                      ランキング参加中!
                      ブログランキング にほんブログ村

                      最近の記事
                      カテゴリー
                      recent trackback
                      リンク
                      サイト内検索
                      検索